FC2ブログ
Twitter ブログパーツ

GARDENING APE

高良造園 green fingers from 阿佐ヶ谷

02
11

円相

*円相* そう、禅における書のひとつで、よくお坊さんが丸を一筆書きしたものが掛け軸などになってるので皆さんも1度は見たことがあるだろう。Wikiで調べたら*一円相*(いちえんそう),*円相図*(えんそうず)」などとも呼ばれるそうだ。
円相2

円相
写真は先日御簾垣を作らせていただいたお宅です(言うの忘れてましたが、オイラの友達の家)。そう来たかぁ~!!!この部屋は程よい緊張感と温かさに包まれ、ホントに心地よいバイブが漂ってました。この円相が一役買っていたのはいうまだもありません。これを飾ったおばさんの感性には脱帽です。このリースはおじさんの友人である 二名 良日氏の作品です。昨年末阿佐ヶ谷の喫茶店COBUさんで氏の個展がやっていて、作品を見に行った折お会いすることができた。喫茶店の中だったのでトーン低めでしたが、一緒に仕事できたら楽しそうだと思った。それは、氏の作品と頂いたハンパじゃない書き込みがしてある名刺を見たらきっと誰でもそう思うだろう。オイラがリースを作るようになったのも2~3年前、氏の作ったリースと出会ってからだ。
普段ウチらがゴミにしてしまうような剪定枝も一つの環になるととてつもないバイブを発するようになる。ある意味いけばなや、造園でも藪の中や植木畑の隅のほうで売れ残って枝や幹なんかグニャグニャのグレまくってるような木とかその辺に転がってる石が庭に来てオーラむんむんになるのを見る感動なんかと似たところがあるかもしれないが、リースを作るようになって、改めて素材に対する感謝の気持ちを再確認させられたものだ。
俺の勝手な思い込みかもしれないが、環は輪であり和でもあると思う。

またWikiからだが、円相は悟りや真理、仏性、宇宙全体などを円形で象徴的に表現したものとされるが、その解釈は見る人に任されるそうだ。また、円窓と書いて「己の心をうつす窓」という意味もあるそうっす。

日本のアイデンティティである「和」のルーツが「環」や「輪」という、「人々の輪」とか「調和」などバランス感覚が良い感覚に端を発しているのであれば、俺は日本人として「大和魂」を誇りに想うし、それを胸に生きていきたいと思う。(っていうか、日本のアイデンティティが「和」以外思いつかなかったんだけど、他になにか思うところのある人、教えて、マジで)

最後に、おじさん、おばさん、今回もいろいろお世話になり誠にありがとうございました!!!僕が駆け出しの時からずーっと目を掛けていただいて本当に心から感謝しております。お陰様で楽しく仕事させていただけました!!有難うございました!!!

スポンサーサイト



コメント

おはつです。

古い記事へのカキコでごめんなさい。
「円相図」のお軸はよく見かけるし、好きな絵図です。
わたしの趣味はお茶なんですが、習いに行っていた茶道のお稽古でこのお軸が掛けられていたことがあります。
その時の先生のお話をよく覚えています。
茶道の教えの中にこんな言葉があります。
「一より習い十を知り、十よりかえる元のその一」
たくさんの事を習っても、最後はまた基本の一に戻る、初心に戻る、
というような教えです。
上手になったからといって、己ににおごりがないか、まさに「心を映す鏡」ですね。

2009.11.08 | URL | こじか #pFDQtZ.w [ edit ]


No title

こんなあつい話にグサッと響きのいい事は言えないが
私も感じる同じアイデンティティとしては「和」以外にも もう一つ
あると思う。私は料理をやっている。語呂でまとめる訳ではないが
食という字は人を良くすると書きます。だから私は和食をやっています。 けっこう無敵だったりして・・・  ウクライナで結構コテンパンにやられる時もあるけど・・・  お互い和を以て環を世界に発信していきましょうv-218

2009.11.01 | URL | りょう #CesqU1WQ [ edit ]


コメント投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)