Twitter ブログパーツ

GARDENING APE

高良造園 green fingers from 阿佐ヶ谷

--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

No title

藤棚といえば・・・
今年、生まれて初めて足利フラワーパークへ行きました。

想像以上の藤棚の迫力には驚かされました。
平日にも関わらず大勢の見物客が押し寄せていました。

藤の花にも多くの種類があることを知りました。
足利まで訪れる価値のある、見応え充分の園内でした。
                                   イケダ

2009.05.30 | URL | イケダ  #- [ edit ]


No title

あたたかいお言葉ありがとうございます。勇気が出てきました!
子供のための緑化計画、上手くプレゼンできるように頑張ります。
「昔の野原」帰ってきてほしいです。野原の植物、色々調べてみたいと思います。

2009.05.04 | URL | 兵衛 Takara #- [ edit ]


No title

確かに、東京中の学校や保育園、幼稚園の校庭,園庭、建物の屋上が、緑化されれば真夏の東京も少しは涼しくなるかもしれない。

しかし、その芝生の管理のために農薬やら、雑草取りの経費やら、水やりやら、、むしろ昔の野原が帰ってくればいいだけの話。高良造園さんの提案に賛成!!!

小金井公園の野原のように。タンポポの綿毛をとばし、シロツメクサで冠を作り、オオバコで草相撲、バッタも団子虫もミミズもいる、、そんな野原の校庭でいい。きれいにそろった芝生にする必要がどこにあるのだろう?

なぜ校庭はあんなに固められ、砂が敷かれたのか、、体育の授業で足をとられるからか、、私は小学校の徒競争で何度か転び、膝のすりむいたところに砂が入ったまま、成人した。

子どもたちが日々すごしやすい校庭、園庭を考えましょうよ。子供を持つ親御さんたち、緑化にしましょうと声を上げてください。

2009.05.03 | URL | フェイジアおばさん #xcb0wvqA [ edit ]


コメント投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

05
02

小金井公園~子供のための緑化を考える

気合いで体内のアルコールを飛ばし、今日は公約通り小金井公園に行ってきた。
ちょうどイイ感じで咲いてるフジ棚が見えるヤマモミジの日陰で、作っていったおにぎりなどを食べ、子どもと四つ葉のクローバー(シロツメクサの四枚葉)を探しながら、昨日の園庭の緑化の話を思い出してしまった。
DSC03722_convert_20090502210711.jpg
タンポポ野原
DSC03735_convert_20090502211034.jpg
遠目で見るとなかなか良いグリーンに見えるが、芝のグリーンではなく野原のグリーンである。競技場の様にきちんとした芝生にこだわらなければこんな緑化もアリなのではないか・・・芝刈りや農薬散布、施肥などの管理無しで野原を再現できないか?園庭で友達と四つ葉のクローバーを探したり、タンポポの綿毛を飛ばして遊んだりなんてことができる園庭もなかなか素敵なことに思えてきた。
DSC03797_convert_20090502211218.jpg

これは見ての通り、オオムラサキツツジの良くある築山だ
DSC03833_convert_20090502221446.jpg
しかし、これはただの築山じゃない。よく見ると入口がある。
DSC03840_convert_20090502221728.jpg
そう、中に入れるように枝がきちんと整理されているのだ!子供にしか入ることができない、まるで秘密きちのようだ。
かくれんぼの空間
DSC03835_convert_20090502221609.jpg
こういう異次元な空間で何物にもとらわれずに自省し、英気を養って、現実に帰っていく。
そういう空間作りができたら最高だろうなぁ~
今日は子供もすごい楽しそうでしたが、親もそれに負けないくらい楽しく、充実した一日でした。
収穫大!小金井公園、いい公園です!!!

ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   ↓      

スポンサーサイト

コメント

No title

藤棚といえば・・・
今年、生まれて初めて足利フラワーパークへ行きました。

想像以上の藤棚の迫力には驚かされました。
平日にも関わらず大勢の見物客が押し寄せていました。

藤の花にも多くの種類があることを知りました。
足利まで訪れる価値のある、見応え充分の園内でした。
                                   イケダ

2009.05.30 | URL | イケダ  #- [ edit ]


No title

あたたかいお言葉ありがとうございます。勇気が出てきました!
子供のための緑化計画、上手くプレゼンできるように頑張ります。
「昔の野原」帰ってきてほしいです。野原の植物、色々調べてみたいと思います。

2009.05.04 | URL | 兵衛 Takara #- [ edit ]


No title

確かに、東京中の学校や保育園、幼稚園の校庭,園庭、建物の屋上が、緑化されれば真夏の東京も少しは涼しくなるかもしれない。

しかし、その芝生の管理のために農薬やら、雑草取りの経費やら、水やりやら、、むしろ昔の野原が帰ってくればいいだけの話。高良造園さんの提案に賛成!!!

小金井公園の野原のように。タンポポの綿毛をとばし、シロツメクサで冠を作り、オオバコで草相撲、バッタも団子虫もミミズもいる、、そんな野原の校庭でいい。きれいにそろった芝生にする必要がどこにあるのだろう?

なぜ校庭はあんなに固められ、砂が敷かれたのか、、体育の授業で足をとられるからか、、私は小学校の徒競争で何度か転び、膝のすりむいたところに砂が入ったまま、成人した。

子どもたちが日々すごしやすい校庭、園庭を考えましょうよ。子供を持つ親御さんたち、緑化にしましょうと声を上げてください。

2009.05.03 | URL | フェイジアおばさん #xcb0wvqA [ edit ]


コメント投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。