Twitter ブログパーツ

GARDENING APE

高良造園 green fingers from 阿佐ヶ谷

--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01
31

アニマルクラフト

まいった。案の定飲みすぎて具合が悪い・・・・そして携帯もどっかの店に置いてきてしまった。
そんな中、家族でアニマルクラフト展を見に行ってきた。杉並区役所の2F、阿佐ヶ谷でフローリストを営んでらっしゃる内田芳明氏の作品だ。その作品のナント素晴らしかったこと!この二日酔いでかち割れそうな頭がフル回転してしまいました。
DSC02744_convert_20100201233421.jpg
DSC02745_convert_20100201233610.jpg
DSC02752_convert_20100201233936.jpg
職業柄、素材が手に入りやすいのは庭師も一緒です。葉や木の実等の素材感やその構成には脱帽でした。
廃材利用の可能性を垣間見た今日でした。
そしてa-booから電話。昨日行った店に問い合わせてくれて無事に携帯電話が見つかりました。
a-boo、ホントにありがとう!
これからもお世話になります。

菜根譚 前集
40、後ずさりはしない
欲路上の事は、其の便を楽しみて姑くも染指をなすことなかれ。一たび染指せば、すなわち深く万仭(ばんじょう)に入らん。
理路上の事は、其の難を憚りて、稍かも退歩を為すことなかれ。一たび退歩せば。すなわち遠く千山を隔てん。


欲望に絡んだことは、それがいくら楽しくても、染まってはならない。もし一度でも染まってしまえば、奈落の底に落ちてしまう。
道理に関しては、それが如何に難しいからといって後ずさりしてはならない。もし一度でも後ずさりすれば何処までも後退を余儀なくされる。

ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

いつもありがとうございます

スポンサーサイト
01
30

今日は久しぶりにa-booから招集がかかった。ちょいと高円寺まで飲みに行ってきます!
疲労困憊なので飲みすぎないようにしないと・・・

そして今日は満月です
DSC02736_convert_20100202002245.jpg

飲みすぎないようにしないと・・・な~んて言ってても飲み始めると元気になっちゃうのはナンデダロウ?今日のような日は家で飲むと少量で気を失いそうだが

菜根譚 前集
39、育てる
弟子を教うるは閨女を養うが如し。最も出入を厳しくし、交遊を謹むを要す。
若しひとたび匪人に接近せば、是れ清浄の田中に一の不浄の種子を下すなり。
すなわち終身、嘉禾(かか)を植え難し。

若者を教育する時は、箱入り娘を養育するようなものである。とくに交友関係は厳しく監督し、付き合い相手を慎重に選ばせなければならない。もし、一度でも素行の悪い者に近づけばどうなるか、綺麗な田畑に雑草の種を撒くようなもので、いつまでたっても良い苗を植えることが出来なくなる。

確かに・・・友達大事です。飲みすぎないようにしないと!


ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

いつもありがとうございます

01
29

イヌビワ

現場もようやっと明日には片が付きそうだ。
先日紹介し忘れた木を一つ

イヌビワ  クワ科 イチジク属
DSC02680_convert_20100201232913.jpg
DSC02677_convert_20100201233042.jpg
御覧の通りイチジクの仲間です。昔はイヌビワのことをイチジクと称したそうだ。一応食べられるが実の大きさは1cmちょっと、腹を満たすには量が必要かも

最近デカイ木が多く、身体痛いです。



菜根譚 前集
38、自分に勝つ

魔を降さんとする者は、先ず自心を降せ。心伏すれば、則ち群魔退き聴う。
横(ほしいまま)を馭(ぎょ)せんとする者は、先ず此の気を馭せ。気平(きたいら)かなれば、則ち外横も侵さず。


自分の心にうち勝とう。そうすれば、煩悩や妄想を滅することができる。
自分の心を平静にしよう。勝気や客気を平静にすれば、あらゆる誘惑から身を守ることができる。

山中の賊を破るは易く、心中の賊を破るは難し・・・・

ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

いつもありがとうございます

01
25

富士山

見えるかと思ったのに・・・かすんでて全然見えなかった
白いマンションの後ろにあるんだけど・・・見えませんよね
DSC02709_convert_20100125202745.jpg
大王松です。今回は高さを思い切り詰めてくれとのことで、チェーンソーなんかも使った枝下ろしになった。
DSC02711_convert_20100125202859.jpg
正月前だったら生け込みに使ってくれる人もいただろうけど・・・明日休み時間にリースにしてみようと思います。結構グレてカッコ良い枝ばっかりだったっす
DSC02713_convert_20100125203000.jpg


菜根譚 前集
37、朴訥に

むしろ渾噩(こんがく)を守りて聡明を黜(しりぞ)け、些かの正気を留めて天地に還せ。
むしろ紛華を謝して澹泊(たんぱく)に甘んじ、個の清名を遺して乾坤にあれ。


利口ぶらずに朴訥な生き方を心がけ、充実した人生を送りたい。
華美を排して質素な生活を心がけ、この天地に清名を遺したい。


ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

いつもありがとうございます

01
24

交通公園

久しぶりに交通公園へ
さすが地元だ、子連れの友達数人と会った。
ゴーカートをこぎまくり、正月についた贅肉をそぎ落とす。夜食のビール&ハンバーガーで4kgも太ってしまったよ
DSC02688_convert_20100124202907.jpg
ロケット公園に移動。善福寺川公園は遊んでよし、走って良し、散歩して良し、花見もよし!イイ公園です
DSC02692_convert_20100124211643.jpg
プラタナスの実 ここのプラタナスは10年前に枝下ろしの仕事で登ったことがあります。実が欲しい
DSC02693_convert_20100124203155.jpg


菜根譚 前集
36、相手によって・・・

小人を待つは、厳に難からずして、悪まざるに難し。
君子を待つは、恭に難からずして、礼あるに難し。


未熟者に厳しくするのは簡単だが、難しいのは憎まないようにすることだ。
上に立つ者に対し媚びるのは簡単だが、難しいのは過不足ない礼をつくすことだ。

ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

いつもありがとうございます

01
23

タラの芽

広い空。電線ひとつなくすがすがしい空!

DSC02669_convert_20100124223406.jpg

タラの芽。パワーを蓄えつつ、春を待ってます。

DSC02674_convert_20100124220644.jpg
DSC02673_convert_20100124220526.jpg
タラの木
ウコギ科の落葉低木 新芽をたらのめ・スプラウトとして食用に販売もされている。天ぷら等に調理すると美味い。

取りすぎると枯れちゃったりするので枝先から2こ位にしとけと言われたことがあります。

菜根譚 前集
35、譲る

人情は反復し、世路は崎嶇(きく)たり。
行き去らざる処は、すべからく一歩を退くの法を知るべし。
行き得去る処は、務て三分を譲るの功を加えよ。


人情は手のひらを反すように変りやすく、世渡りはきびしい。
険しい難所では一歩退き道を譲り、楽に通れるところでも、3分は人に譲る心がけが必要だ。


ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

いつもありがとうございます

01
22

玉造り

今日は西荻窪。
最近ブログ更新がいまいちはかどらない。
菜根譚を書くようになって時間がかかるようになった・・・やはりキーボードを見ずにスラスラ打ち込む練習が必要のようだ。今年の目標の一つに入れておこう!

チャボヒバの玉造り、割と良く見かける仕立て方です。剪んだ枝と剪んでない枝の色が若干違うのがわかるかな
DSC02649_convert_20100122212432.jpg
刈りこむ前の玉の内部。蒸れて茶色くなった葉を揉み落としたり枯れ枝を取り除いたりした後、刈りこむ。丁寧にやりすぎると日が暮れちゃうんで、あまり時間はかけずに手早く!
DSC02651_convert_20100122212642.jpg
終了。
DSC02654_convert_20100122212830.jpg
金魚っ葉のツバキ
DSC02657_convert_20100122213123.jpg
紺侘介?だと思う。
色が濃いです。以前この椿に雪が積もってる写真を見て、椿が好きになりました。それまではチャドクガの印象が強かったのですが、毛虫さえケア出来ればとても魅力的な樹木です。
DSC02663_convert_20100122213317.jpg


菜根譚 前集
34、思い込みと知ったかぶり

利欲はいまだ尽くは心を害せず、意見はすなわち心を害するの蟊賊(ぼうぞく)なり。
声色はいまだ必ずしも道を障ず、聡明はすなわち道を障うるの藩屏(はんぺい)なり。


利益を求める気持ちは必ずしも心に有害ではない。精神をダメにするのは思い込みや独善で、善を蝕む害虫のようなものである。
名声や色情は必ずしも妨げにはならない。妨げになるのは謙虚に欠け、知ったかぶりすることだ。

気をつけよう、マジで・・・。

ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

いつもありがとうございます

01
20

白梅

今日は梅。開花前なので剪むのがちょっともったいないが・・・梅切らぬ馬鹿って言うし
DSC02631_convert_20100120222401.jpg
ちょっと長めに残そう
DSC02638_convert_20100120222546.jpg
開花が楽しみです!
DSC02639_convert_20100120222740.jpg


菜根譚 前集
33、とらわれない心
功名富貴の心を放ち得下して、すなわち凡を脱すべし。
道徳仁義の心を放ち得下して、纔(はじめ)て聖に入るべし。


成功しよう、金持ちになろうとする心を捨て切ることが出来れば、並外れた人間になれる。
道徳や仁義にとらわれない境地に達すれば、聖人の域に達したと言えよう。

道徳や仁義にもとらわれないなんて、そんなあなたはハンパないっす。

ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

いつもありがとうございます

01
19

マンション管理

昨日今日と高井戸のマンション管理
乙女椿。これからいっぱい咲きます
DSC02621_convert_20100120221632.jpg
今回は剪定作業をタイトにして、玄関前の痛んだ植木の交換などに予算を充てようと思います。
日照悪し。サツキはガラガラ(泣)どういう風にしようかな?
DSC02624_convert_20100120221953.jpg
DSC02627_convert_20100120222143.jpg



菜根譚 前集
32、立場
卑(ひく)きに居(お)りて後 高きに登るの危きを知る。
晦(くら)きに処(お)りて後 明るきに向うの太だ露るるを知る。
静(せい)を守りて後 動を好むの労に過ぐるを知る。
黙(もく)を養いて後 言の多きの躁たるを知る。

低いところに居れば、高いところの危なさ良く分かる。
暗いところに居れば、明るいところがよくみえる。
静かにしていれば、動きまわる人間の空しさがわかってくる。
沈黙を守っていれば、多弁な人物の騒がしさがみえてくる。

相対性理論ってこんな話じゃなかったっけ?ちょっと違うか


ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

いつもありがとうございます

01
16

今日は大田区下丸子にある、小学校時代の恩師宅へ。

春はすぐそこです!
ウメ
DSC02609_convert_20100116211544.jpg
カンツバキ
DSC02616_convert_20100116212120.jpg
先生がご自分で作った庭。教師じゃなく庭師でも良かったんじゃないっすか?
DSC02617_convert_20100116211826.jpg
後ろの大きなタブノキには空襲の傷跡がある。今は平和です
DSC02611_convert_20100116212337.jpg
鯉。年々デカくなってます、最初は小さかったのに。みんな頑張って生きてます!
DSC02608_convert_20100116211259.jpg


菜根譚 前集
31、富貴・聡明な人
富貴の家はよろしく寛厚なるべくに反って忌刻なり。これ富貴にしてそのの行いを貧賤にするなり。如何ぞ能く享けん。
聡明な人は宜しく斂蔵(れんぞう)すべくして、反って耀(げんよう)す。是れ聡明にして、其の病を愚蒙(ぐもう)にするなり。如何ぞ敗れざらん。

富貴な人は、当然、他人に対し寛容であるべきだが、かえって他人をねたみ残酷なことをする。これでは物に恵まれても、行いが貧賤な人間と変わらない。このようなことでどうして福を得られようか。
聡明な者は、当然、それを隠しておくべきだが、かえって才能を自慢する。これは、才能に恵まれていても、愚かな人間と変わらない。このようなことでどうして失敗を免れることができようか。


ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

いつもありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。