Twitter ブログパーツ

GARDENING APE

高良造園 green fingers from 阿佐ヶ谷

--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12
31

フルムーン

どうにか無事に年を越すことができました。家族を含む、支えてくださった多くの方々に心から感謝してます。
31日現場に出て来てくれた松ちゃん、マー君、ヒロ、本当にありがとうございました!パワー貰いました。これに懲りずに今年もよろしくお願いします。去年以上に熱く楽しい一年にしましょう!
ブログ更新できなかったこの1週間を振り返ってみようと思います
30日、31日 善福寺にて
大晦日の空、この後冷たい風がガンガン吹いてきました
DSC02281_convert_20091231225354.jpg
疲れた体を引きずって手伝ってくれたみんなのおかげで何とか終わりました
DSC0228<br />今年はミドリ摘みしなかったのでハサミ透かしとモミアゲでの作業でした。今年はミドリやりたいところです。<br />8_convert_20091231232029.jpg
DSC02284_convert_20091231231422.jpg
DSC02292_convert_20091231230959.jpg

そして、今日はフルムーン!新月の願掛けは・・・友達と天候に恵まれ、お陰さまで何とか叶いました!
DSC02304_convert_20100101223012.jpg


菜根譚 前集
22、静中動あり

動を好む者は、雲電風灯、寂を嗜む者は、死灰槁木なり。
すべからく定雲止水の中に、鳶飛び魚躍るの気象あるべし。わずかにこれ有道の心体なり。

動き回ることが好きな者は、雲間に轟く雷鳴や風に揺れるともし火のようで持続力に乏しい。
静寂を好む者は、火の消えた灰や立ち枯れした木のようで活力に乏しい。
澄み切った静寂の中に、鳶が飛び、魚が躍るような好機を捉えるまで動かず、好機と解かればガンガン動くのが理想の心のありかたに近いのである。


ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

いつもありがとうございます

スポンサーサイト
12
30

もうひと頑張り!

すっかりご無沙汰の更新ですが風邪ひとつひかず天気にも恵まれ、お陰さまで休みなくずっと働きつずけています。
明日の大晦日は同業の友達たちが疲れてるところ手伝いに来てくれて6人で黒松むしったりする予定です。本当に感謝してます。一日でも長く正月休んで腰を伸ばしたいところを本当にありがとうございます。
心から感謝してます。

現場写真などはゆっくり正月にアップしようと思います。

12
29

藁ボッチと葉ボタン

今日は1月1日ですが、12月29日分のアップです。
町田にて先日作った藁ボッチを設置してきました。
葉ボタンを寒ボタンに見立て、藁ボッチを被せたお飾りです
DSC02274_convert_20091231234559.jpg
同じのをいくつも作ってたら飽きてしまったので、箒っぽいのも作ってみた。藁細工もっと覚えたい!
DSC02252_convert_20091231235602.jpg
藁ボッチも色々なやり方があるんでしょうが、今回はちょっとオブジェっぽく存在感を出したかったので背を高めに「かさ地蔵」のイメージで庭のあちこちに立たせてきました。

菜根譚 前集
21、家族円満
家庭に個の真仏あり、日用に種の真道あり。
人よく誠心和気、愉色婉言もて、父母兄弟の間をして、形骸両つながら釈け、意気こもごも流れしめば、調息観心に勝ること万倍なり。

家庭には本当の仏様が居るし、日常の生活はまことの道理から外れない。
家庭で、真心から和やかな雰囲気をつくり、にこやかな顔で楽しく語り合い、父母兄弟の間に壁を作らず、気持ちを通わせることが出来たなら、道家や仏家の養生法や座禅などの、呼吸を調えたり本来の自己を内観することより何万倍も勝る。

コレは大事なことだと思います。

ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます

12
25

メリークリスマス

今日はクリスマス。子供たちが料理教室でチキンの丸焼きとケーキを作ってきてくれました。
先ずニワトリさんに感謝です。美味しく頂きました。1羽の鶏、1つの命を皆で分け合って残さず頂き腹いっぱいにできるこの食べ方は最もシンプルで無駄のない頂き方だと思います。普段唐揚げや手羽先と大根の煮こみ等を食べることが多いのだが、部分取りだと結果的に何羽ものニワトリを頂くことになってしまう。手羽先なんて10本5羽分食べても丸焼き1羽には到底及ばないですもんね。

締めはクリスマスケーキ、癒されます。thanks!
DSC02206_convert_20100101002101.jpg

食事の後はひたすら藁ボッチを編みました。さすがにちょっと疲れました・・・
日中、カミさんと子供が選ってくれた藁の穂先を揃えて、今回は穂先から10cm位を編みました。
縛った後、水につけて柔らかくする
DSC02238_convert_20091231233157.jpg
今回は仕上がりが大味にならないように細かく編みます。
DSC02241_convert_20091231233354.jpg
編んだ穂先がバサバサにならないように軽くひもで縛って形付けます
DSC02245_convert_20091231233556.jpg
設置のイメージは固まってきました・・・

菜根譚 前集
20、控え目に
事々、個の有余不尽の意思を留むれば、便ち造物も我を忌むこと能わず、鬼神も我を損すること能わず。
若し業必ず満つるを求め、功は必ず盈を求むれば、内変を生ぜざれば、必ず外憂を召かん。

何事にも気持ち余裕をもって控え目に対処すれば、人に嫌われることはないし、天罰をうけることもない。
事業や功名も業績や名声を求めすぎれば、自分自身も他人にも大きな心配事ができてしまうので、そこそこが良い。


ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   
いつもありがとうございます

12
23

花芽

22日、ひばりが丘にて
ヤマボウシの花芽と葉芽
花芽
DSC02189_convert_20100101223431.jpg
葉芽
DSC02188_convert_20100101223320.jpg
モクレン
DSC02200_convert_20100101224238.jpg
写真が曲がってしまった、カイズカイブキの生け垣
DSC02191_convert_20100101000429.jpg

23日、成田東や松の木他色々
水鉢と銅パイプ
DSC02196_convert_20091231232910.jpg
もう、あまりに忙しくてろくに写真も撮れず

菜根譚 前集
19、養徳
完名美節は、よろしく独り任ずべからず。些を分ちて人に与え、もって害を遠ざけ身を全うすべし。
辱行汚名は、よろしく全く推すべからず。些を引きて己れに帰し、もって光を韜み徳を養うべし。

名誉や忠節を全て自分で独占してはいけない。他人に分け与えれば、危害を及ぼす者を減らす。
また、恥辱や汚名を全て他人に押し付けてはいけない。自分で引き受ければ、謙虚に人格を磨くことが出来る。


ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   
いつもありがとうございます

12
21

葉ボタン

今日は世田谷の岡本で仕事の後、ゴミ捨てに行ってからになった荷台に年末に使う葉ボタンを積んで阿佐ヶ谷に戻りまた仕事。
葉ボタンいろいろ。良く見るとかわいい。
昔はキャベツにしか見えなかったが、こういう仕事をしてると植物を見る感性は多少でも進化したなあ、と思います。美しいです。キャベツに見えますけどね、やっぱり。
DSC02184_convert_20091221201453.jpg
DSC02183_convert_20091221201344.jpg
DSC02185_convert_20091221201718.jpg
大量に並ぶのを見るとイイ感じです。全部積んで帰りたくなっちゃう
DSC02186_convert_20091221201601.jpg


菜根譚 前集
18、鼻にかけるな

世を蓋うの功労も、一個の矜(きょう)の字に当たり得ず。
天に弥(わた)るの罪過も、一個の悔の字に当たり得ず。

どんな功績をあげても、それを鼻にかけるようでは台無しとなる。
悪虐の限りを尽くしても、悔いて正しい道に立ち返れば帳消しになってしまう。


ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

いつもありがとうございます

12
20

カッコ良いもの

今日は武蔵野、吉祥寺。後に砧でお花の先生をしてらっしゃるお客様まで飛んで、けいこに使うという黒松の枝を下ろしに行ったり何だかバタバタな日となった

吉祥寺の住宅街は杉並とまた違う佇まいできれいな街だと思います
現場の目の前にある立教女学院。佇まい、品の良いこと!ボ~っと見とれてしまいます、職質されそうです。
くすんだブルーの窓枠、赤瓦。藤が咲くころは一体どんなことになっちゃうんでしょう?きっと半端じゃなくキレイです。
DSC02174_convert_20091221201210.jpg
このフェンスも重厚感があるが重すぎず、品が良い色っす、俗にいうパリブルーってやつですか?どこかの現場で必ずパクリます。
DSC02169_convert_20091221201053.jpg
現場の隣のお宅。制約の多い駐車スペースの限られた中であつらえられたこのセンスに脱帽です。自分の現場じゃないのでパシャパシャ撮れませんでしたがホントカッコ良いです。ぶどうカッコイイいなあ。俺もこんな仕事したい
DSC02165_convert_20091221200855.jpg
お客様の家のレモン。実つきの良いレモンは居場所がピタッとハマると庭の雰囲気がぐっと良くなります。痛いけど
DSC02163_convert_20091221200746.jpg


菜根譚 前集
17、進むために、退く

世に処するに一歩譲るを高しとなす。
歩を退くはすなわち歩を進むるの張本なり。
人を待つに一分を寛くするはこれ福なり。
人を利するは実に己を利するの根基なり。

世の中を生きて行くには、人に一歩譲る心がけが大事である。
一歩退くことは一歩進むための前提となる。
対人関係は、寛大な心でいたほうが良い結果につながる。
人に寛大に接することが、結局自分の利益となって跳ね返ってくるのである。


ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

いつもありがとうございます

12
19

赤松の手入れ 春から冬までの様子

赤松の今年一年を振り返ってみようと思います。

ミドリ摘みをする前、6月の様子。がっちり伸びてます
DSC04795_convert_20091219182139.jpg
ミドリ摘み&葉むしり後。通常は年2回の管理だが、年1回の場合はウチではこのような手入れになります。
DSC04836_convert_20091219182340.jpg
今日の様子。チョコっと葉むしりしたいところですが、次に手を入れるのは来春のミドリ摘みです。
DSC02122_convert_20091219181907.jpg
ミドリ摘み後、木に登って中から見た様子
DSC04841_convert_20091219182502.jpg
今日の様子。外から見るほど枝葉も混んでない。ちょうどよい感じです。
DSC02134_convert_20091219181726.jpg
終了、お疲れ様でした!
DSC02157_convert_20091219182031.jpg


菜根譚 前集
16、四つの戒

寵利は人の前に居ることなかれ。
徳業は人の後に落つることなかれ。
受享は分外に踰(こ)ゆることなかれ。
修為は分中に減ずることなかれ。

利益は、人より先に飛びつくな。
善行は、人に遅れをとるな。
報酬は、限度を超えてむさぼるな。
修養は、できる限りの努力を怠るな。

親父の小言みたいです


ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます

12
18

阿佐ヶ谷エリア

今日はご近所。いよいよ冬本番、風が冷たかった~
DSC02114_convert_20091218210932.jpg

DSC02140_convert_20091220205802.jpg

ところで長谷川穂積、強いですね~。TVは子供のクレヨンしんちゃんに取られてしまったので携帯電話のTVで見たのですが・・・

菜根譚 前集
15、侠気と素心

友と交わるには、すべからく三分の侠気を帯びるべし。
人と作りは、一点の素心を存するを要す。

友人とは、三分の侠気をもって交わり
人間としては、純粋な心を失わないことが必要だ

「侠気」それは弱きを助け強気を助ける心だて、男気です。
男気三分、七分八分じゃやっぱり暑苦しい?

ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます

12
17

石灯籠

今日は高井戸のお庭
DSC02093_convert_20091217201711.jpg
DSC02094_convert_20091217201824.jpg
DSC02096_convert_20091217202104.jpg
この雪見灯籠が地味~なんだけど好きなんです、角の無い優しい感じや足なんかカッコいい
DSC02097_convert_20091217202227.jpg
この灯篭は生け込みなんだけど、なんて言う灯篭なんだろう?勉強不足っす・・・
DSC02098_convert_20091217205458.jpg
桂離宮みたいなディープなインパクトな灯篭は町中じゃまずお目にかかれないけど、石造物って何かイイです。
「あれ?こんな庭の隅っこにこんな灯篭が!」なんてことも結構あるんです


菜根譚 前集
14、一流とは?
人と作(な)りて甚(なん)の高遠の事業なきも、俗情を擺脱(はいだつ)し得れば、すなわち名流に入らん。
学を為して甚の増益の功夫なきも、物累を減除し得れば、聖境を超えん。

立派な人物になりたかったら大それた事業をしなくても、下衆な根性さえ捨てれば、それだけで一流の人物といってよい。
学問で身を立てようと思うなら、周囲の雑音に振り回され功績を上げ名声を得ようとせず、物欲を減らして研究に打ち込めばそれだけで聖人の域になる。

いつもニコニコ、地道にコツコツと。今年もあと2週間切りました・・・



ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

いつもありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。