Twitter ブログパーツ

GARDENING APE

高良造園 green fingers from 阿佐ヶ谷

--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11
04

オナガとカマキリ

今日は手伝いで柿の木坂へ。

手伝い先で皆にかわいがられている?現場で拾われたオナガ
剪定時に巣を落としてしまい、その際拾われた一羽です。最初にあった頃に比べて毛並みがそろい、太ってきました。狭いカゴでの飼育の為、オナガ自慢の尾や羽が折れてしまって、残念ながら飛べません。

今日のご飯です。毎回頭から攻撃しトドメを刺すのは本能なのか?
DSC06469_convert_20101104220618.jpg
動かなくなった
DSC06470_convert_20101104220806.jpg
動きが止まった後、口に入る大きさにします。
DSC06472_convert_20101104221042.jpg
堅い部分はいつも残します。普段は市販のミルワーム等を食べているようですが、時々このような御馳走にありつけます。
DSC06489_convert_20101104221132.jpg

ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます

スポンサーサイト
05
27

久々の丸長

久々に桜台「丸長」へ 
チャーシューつけ麺
DSC04434_convert_20100602182057.jpg
美味かったっす。

ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます

01
23

タラの芽

広い空。電線ひとつなくすがすがしい空!

DSC02669_convert_20100124223406.jpg

タラの芽。パワーを蓄えつつ、春を待ってます。

DSC02674_convert_20100124220644.jpg
DSC02673_convert_20100124220526.jpg
タラの木
ウコギ科の落葉低木 新芽をたらのめ・スプラウトとして食用に販売もされている。天ぷら等に調理すると美味い。

取りすぎると枯れちゃったりするので枝先から2こ位にしとけと言われたことがあります。

菜根譚 前集
35、譲る

人情は反復し、世路は崎嶇(きく)たり。
行き去らざる処は、すべからく一歩を退くの法を知るべし。
行き得去る処は、務て三分を譲るの功を加えよ。


人情は手のひらを反すように変りやすく、世渡りはきびしい。
険しい難所では一歩退き道を譲り、楽に通れるところでも、3分は人に譲る心がけが必要だ。


ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

いつもありがとうございます

04
30

追うものと追われるもの~続き

ひつじなんて普段見ることがないので、顔かたちをしっかり確認したのは初めてです

DSC03584_convert_20090429213403.jpg
DSC03585_convert_20090429213543.jpg
モコモコです、
DSC03586_convert_20090429213700.jpg

牧用犬と羊のショーをやってました。
各々の習性を利用し、イヌにヒツジを管理させてるそうです。
オーストラリアに行ったときは美味しくて、毎日ラム肉を食べてました。
今も毎日のように肉を口にしています、豚、牛、馬、鳥・・・。
DSC03640_convert_20090430164002.jpg
今回は普段食べている動物たち殆んどに触れて帰ってきました。
ここの動物たちは皆、人間に馴れていてとても人懐っこく、子供達も安心して触れることができた。
当たり前だが、動物もちゃんと体温があり、とても温かかったです。撫でると反応もあるし、とても愛らしかった。
昔、叔父に聞かされた豚の屠殺のバイトをしてた時の話を思い出しました。
その昔は、屠殺や動物の皮を剥ぐ仕事をする人を差別階級として扱っていた時代もあると聞いたことがある。その時代に生きてたわけじゃないから事情は詳しくわからないが、とにかく今、食卓においしい肉料理が並ぶことに感謝です。
肉がなくてもきっと文句は言わないし、タンパク源は納豆や豆腐で摂取することになるだろうが、もし食卓に並んだら、出来るだけおいしい味付けで、残さずキレイに食べたいと思う。

食料自給率など考えたら、今後の農業の在り方については考える所があると思うが(素人考えだが、家畜って人以上に穀類食べるんじゃないかと思うんです。その穀類を動物じゃなくて人のために作ればどうだろうかと・・・)
まあ今回は、子供に少し色々感じてもらいたくて行ってみたのだが、親が考えさせられてしまった。

ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   ↓      


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。