Twitter ブログパーツ

GARDENING APE

高良造園 green fingers from 阿佐ヶ谷

--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01
09

レンガ貼り

正月早々、3日ほど1mokuさんの仕事を手伝ってきた。
場所は原宿、DIESELなんかが眼の前にある小洒落た場所で内装レンガ貼り。セメントまみれ、手ボロボロ

それでもオーダーのイメージに大分近づけたんじゃないかな?貼っては壊してまた貼って・・・aged加工にも色々あるんだろうけど、今回は良い肥やしになりました。また貼りたい!DSC09927_convert_20120111225945.jpg
DSC09932_convert_20120111230208.jpg


スポンサーサイト
01
12

清正井

久しぶりの冷たい雨。子どもたちも登園、登校がはじまったので急きょカミさんとドライブがてら明治神宮の清正井に行こうということになった。
先日行ったときは3時間半待ちで見ること叶わず、さすがにこんな雨の日は誰もいないだろうとの思惑だったのだが・・・すごい行列だった。やはりTVやインターネットの影響だろうか?パワースポットとして人気があるそうです。さすがに行列に加わる気にはなれず、行列の脇を抜けて帰ろうと歩いて行った先が行き止まりで井戸があった。行列外れてインチキしたみたいになってしまったのでご利益どころではないだろうが、
ちゃっかり写真は撮ってきた
DSC0256<br />2_convert_20100114223429.jpg
クマザサ、キレイです。最近あまり見かけませんが日本自慢のグランドカバーだと思います。
葉に隈取りがあるのが名前の由来だそうで、この隈取りは若葉には無く、葉が越冬するときに縁が枯れて隈取りになる
DSC02565_convert_20100114223644.jpg
鯉はキレイな魚です。この池には片目の鯉も逞しく泳いでました。鯉は結構強い魚なんですね
DSC02531_convert_20100114223917.jpg

昼は桜上水の「あぶら~めん」へ。久しぶりで超うまかったです
DSC02591_convert_20100114224451.jpg


菜根譚 前集
28、大過なく過ごす
世に処しては、必ずしも功を邀(もと)えず。過ちなきは便ち是れ功なり。
人と与にしては徳に感ずることを求めず。怨みなきは便ち是れ徳なりとす。

人生においては、無理に功名を求める必要はない。大過が無いこと、それが功績と考えるべきだ。
人と接する時は、見返りを期待してはならない。恨まれなかっただけで見返りだと考えるべきだ。



ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

いつもありがとうございます

12
17

石灯籠

今日は高井戸のお庭
DSC02093_convert_20091217201711.jpg
DSC02094_convert_20091217201824.jpg
DSC02096_convert_20091217202104.jpg
この雪見灯籠が地味~なんだけど好きなんです、角の無い優しい感じや足なんかカッコいい
DSC02097_convert_20091217202227.jpg
この灯篭は生け込みなんだけど、なんて言う灯篭なんだろう?勉強不足っす・・・
DSC02098_convert_20091217205458.jpg
桂離宮みたいなディープなインパクトな灯篭は町中じゃまずお目にかかれないけど、石造物って何かイイです。
「あれ?こんな庭の隅っこにこんな灯篭が!」なんてことも結構あるんです


菜根譚 前集
14、一流とは?
人と作(な)りて甚(なん)の高遠の事業なきも、俗情を擺脱(はいだつ)し得れば、すなわち名流に入らん。
学を為して甚の増益の功夫なきも、物累を減除し得れば、聖境を超えん。

立派な人物になりたかったら大それた事業をしなくても、下衆な根性さえ捨てれば、それだけで一流の人物といってよい。
学問で身を立てようと思うなら、周囲の雑音に振り回され功績を上げ名声を得ようとせず、物欲を減らして研究に打ち込めばそれだけで聖人の域になる。

いつもニコニコ、地道にコツコツと。今年もあと2週間切りました・・・



ブログランキングに参加してます!みなさまの応援が励みになります。ポチっとよろしくお願いいたします!
↓   

いつもありがとうございます

04
23

ツタンカーメンのエンドウ豆

今日お世話になったお宅で面白いものを見せていただいた

ツタンカーメンのエンドウ豆
ツタンカーメンのエンドウ豆

DSC03314_convert_20090423223305.jpg
ツタンカーメンのエンドウ豆は、発掘された副葬品の中から発見され、古代エジプト人が食べたであろうエンドウ豆を持ち帰ったハワード・カーター氏が、発芽、栽培に成功した。 日本には1956年、米国から水戸に送られてきたそうだ。
ツタンカーメンのエンドウは、日本で栽培されている種とは異なり、古代エジプト産で、エンドウの原種と思われ、背丈、茎、葉、豆の形、色は、普通種と同じである。花の色は、ワインレッドで(花は見れなかった!)さやの色は紫で、花、さやの形は、普通種と同じである。
 エンドウご飯を炊くと、はじめは普通のエンドウご飯と変わらないが、徐々に赤飯に変わるそうだ!味は、普通のエンドウご飯と変わらないそうだが、是非一度たべてみたいっす!
 *育て方*
①育苗
水をたっぷり含ませた種子を、ポリ育苗ポット(小)に、10月中旬~11月上旬にまく。
②定植
本葉が2~3枚になったら素焼き鉢、プランタン、畑に定植する。
③寒対策
日光に十分あてる。エジプト産であるがあまり気にすることはない。ポイント:寒、雪に弱いので、ビニールをかぶせると良い
④施肥
肥料は、下肥を施し、定植後10cmくらいに伸びたら、食用なので、有機肥料を月1回与える。
⑤支柱
支柱を立て、つるが巻きつくように、ネット等を張る。
⑥雑種
近くに普通のエンドウが栽培されていたら、雑種になるので気をつける。もし、白い花が咲いたら雑種なので処分する。

何とも言えないロマンを感じます、何千年もの時を越えて・・・奇跡です!!!

ブログランキング始めました応援よろしくお願いいたします!
↓   ↓      








03
29

今日の日記更新後、何となく豊島園のメリーゴーランド:カルーセルエルドラドが気になってWikiで調べてみたら、ナント現存する世界最古のメリーゴーラウンドなんだそーだ!1907年、ドイツでヒューゴ・ハッセという人が、当時の機械技術と美術工芸技術のすべてを投入して作製。ヨーロッパ各地のカーニバルを巡業した後、1911年にアメリカの遊園地・コニーアイランドに渡る。ルーズベルト大統領をはじめ、多くの人々が楽しんだ。1971年より豊島園で稼動。彫刻・装飾はアールヌーボー様式。
知らなかったッス。たしかに天井でラッパ持ってる女の人なんかいい感じでした。もっとアップで写真撮っとけばよかった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。